京成杯オータムハンデキャップ歴史(2006)

京成杯オータムハンデキャップの歴史は?

創設は1956年。

中山競馬場の1600m芝コースで行われる重賞(G3)競走。

創設時の名称はオータムハンデキャップ、1958年に京王杯オータムハンデキャップとなる。

また、創設当初は東京競馬場の1600m芝コースだったが、1963年に1800mに距離延長、何度か施行場所変更を経て1980年以降は中山競馬場に定着。

1984年に現行距離に変更されるとともに、G3に格付け、現在では秋競馬の開幕を飾るとともにマイル路線での秋の緒戦となる競走に位置付けられている。

1998年に現在の名称、京成杯オータムハンデキャップとなった。

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

京成杯オータムハンデキャップ出走登録馬
京成杯オータムハンデキャップ有力馬情報“2006”


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。